プランを考える

memorial

葬儀費用の傾向について

葬儀には様々な費用がかかりますが、全体的な費用の合計額も決して安いものではありません。棺や祭壇、霊柩車など、利用するもののランクによって金額が異なるものもありますし、参列者の人数によって左右される項目もあります。人数が多いほど広い会場を押さえる必要がありますが、会場使用料は広いほど高くなります。また、料理や返礼品にかかる費用も参列者が多いほどかさみます。 近年では葬儀費用を節約したという遺族側の要望が強くなっていることもあり、低価格での葬儀が可能な少人数での葬儀に注目が集まっています。その代表的な例が家族葬です。家族葬にもプランがあり、プランごとに葬儀の内容や、かかる費用などが大きく変わってきます。特に、最安値で提供されている葬儀プランには、あくまでも最低限必要なものしか含まれていないため、利用の際は追加費用の確認が重要です。

家族葬のこれまでについて

比較的低価格で執り行うことができる家族葬ですが、もともとはある葬儀社が家族のみで行う葬儀に対して使用したネーミングです。それが次第に浸透し、今では全国的に使用されるようになりました。当初は身寄りのない方や親せき付き合いのない方などを対象としたこじんまりとした葬儀を指したものですが、最近では先述したように低価格で実現できる葬儀としての認識も強くなっています。 その一方で、家族だけでこころゆくかたちで故人を見送りたいとして家族葬を選択される方も少なくはありません。家族葬では参列者への挨拶や対応がない分、精神的にも肉体的にも負担が軽減されるというメリットがあるため、故人をしのぶ時間をゆっくりととることができます。