家族だけで行なう

memorial

滞りなく葬儀を行うためには

一般の方々であれば、事後報告として亡くなった旨をしらせるはがきを用意し、すべてが済んだあとに発送することも可能です。しかし、親戚となるとそうはいきません。中には故人と深い親交のあった方もいますので、葬儀前に必ず了承を得る必要があります。事後報告では後々揉め事も懸念されます。できれば、生前のうちに話し合いをしておくほうがよいでしょう。お互い冷静な状態で話ができるからです。 また、これは葬儀スタイルかかわらず言えることですが、生前のうちに葬儀社を決めておくと対応がスムーズです。亡くなられた後ではじっくりと葬儀社を吟味することができないからです。

家族葬に必要な費用について

家族葬を行いたいという方の中には、費用面でのメリットを重視している方は多いものです。一般に、広い会場ほど使用料が高くつくため、人数が少ない家族葬では費用を抑えることができます。加えて、料理や返礼品の費用もカットできることから、低価格での葬儀を希望する方にはメリットが多いのです。 近年ではニーズの高まりを受けて、各葬儀社が格安プランとして家族葬専用の葬儀プランを紹介していることも多々あります。プランによって行うことが出来る葬儀の内容に違いがあるのですが、一般的に行われている家族葬を行いたいのであれば、平均すると100万円程度の費用は見ておいたほうがよいでしょう。葬儀社の費用のほかに、僧侶に支払う費用もあるからです。また、家族葬では一般葬とは違い、香典をあてにすることができません。そのため、費用に関しては葬儀社と入念な打ち合わせをしておく必要もあります。