費用を抑える

memorial

平均的な費用について

葬儀には様々な費用がかかります。棺や祭壇、霊柩車のようにそれぞれランクがあり、ランクによって金額が異なる項目もあります。会場使用料や料理、返礼品にかかる費用のように参列者の人数によって変動する項目もあり、どのような葬儀をするかによって費用は変わってくるものです。 家族葬の場合は参列する人数が少ないことや祭壇や棺を簡素なものにする遺族が多いということもあり、一般的な葬儀費用に比べると費用を抑えることができるのが大きな特徴です。また、費用を抑えられるだけでなく、シンプルな葬儀になるため、短時間で葬儀を終えることが出来るという特徴もあります。こうした経済的や時間的に見たメリットを優先し、家族葬を選択するという方も近年増えています。

家族葬の特徴について

家族葬の特徴は費用面だけではありません。一般的な葬儀とは違い、家族葬とは家族のみで見送る葬儀です。厳密に家族に対する定義はありませんので、故人のきょうだいなど近い親戚や古くから付き合いのある方などが参列することも多いですが、気心が知れた間柄の方で、少人数で見送る葬儀となります。そのため、一般葬のように参列者の対応に追われることもなく、準備そのものも簡略化されるため、精神的・肉体的な負担が軽減されるというのも大きな特徴です。故人をしのぶ時間をゆっくりと持てることが家族葬の大きなメリットでもあります。 一方で、参列をご遠慮いただく方々がいることも忘れてはなりません。親戚一同には必ず事前に了承を得るようにしましょう。一般の参列者の方にも、亡くなられた旨と家族葬にした旨は最低限報告しておきたいものです。